2009年02月11日

イメージでつかむ!生活のなかの韓国語

イメージでつかむ!生活のなかの韓国語

身の回りのいろいろを表現したい、でも、これって韓国語で何て言うの?「がばっと起きる」「すっぴん」「ガラスにはーっと息をかける」…ソウルでの生活体験から生まれた、「言えそうで言えない韓国語」がつまった一冊。



イメージでつかむ!生活のなかの韓国語

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 起きる/眠る/第2章 体について/第3章 身支度をする/第4章 季節を感じる/第5章 さあ、食べよう!/第6章 家で過ごす/第7章 買い物に行こう/第8章 乗り物に乗る/第9章 友達に会う/第10章 学校に通う

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

中川亜紀子(ナカガワアキコ)
1992年、語学留学先のアメリカにて、韓国人の友人に勧められ、シン・スンフンの「見えない愛」を聴き、韓国語がひと言も分からないのにもかかわらずすっかり心酔。彼の歌う歌詞を知りたいがために、韓国語を独学で学び始める。その後、1994年にソウルの韓国外語大学校外国語研修評価院、2004年にカナタ韓国語学院にて韓国語を学ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


posted by 韓国 at 19:11 | ソウル 🌁 | 韓国語勉強 | 更新情報をチェックする
韓国株投資を楽しむためのノウハウ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。