2007年08月18日

サムスン電子

サムスン電子

サムスン電子

各種表記
ハングル: 삼성전자
漢字: 三星電子
平仮名:
(日本語読み仮名)
片仮名:
(現地語読み仮名) サムソンジョンジャ
ラテン文字転写:
英語: Samsung Electronics Co., Ltd.



サムスン電子(サムスンでんし)は

韓国の最大手総合家電・電子部品・電子製品メーカーで、
サムスングループの中核企業である。


特に半導体(DRAM、フラッシュメモリ)、ディスプレイ、携帯電話、デジタルメディア機器の分野で世界的な大手企業である。


2006年で液晶・半導体・携帯電話など16の分野で世界シェアナンバーワン、2006年の単体売上高は7兆5472億円、単体純利益では1兆114億円。


07年4月現在の時価総額は約11兆円。

サムスン電子の韓国株式市場全体に占める割合は約10%。 2003年には年間純利益が100億ドルを突破し、世界で9番目の100億ドル企業になった。


また製造業で100億ドルを突破した企業はトヨタに次いで2 番目だった。


日本での知名度は殆ど無く日本での販売活動はあまり活発では無いが、世界では最も有名な会社の一つである。現在100以上の国で販売活動がなされている。


世界各地に56生産法人、124販売法人を展開する多国籍企業。


サムスン電子は、21世紀の始めに「5年で最も大きいエレクトロニクス会社になる」と発表した。


80年代後半、日本と同じく資源の乏しい韓国は、国を挙げてハイテク産業の育成に力を入れていた。


財閥系の企業を筆頭に、
電気メーカーが相次いで半導体の DRAMの事業に参入。

日本企業の遠く下にサムスン電子があった時、その声明と現在の台頭は誰も予想しなかった事だった。


しかし、サムスン電子は、
わずか数年で生産を軌道に乗せることができた。

その背景には日本からの技術流出があり、日本のメーカーの人材が次々とスカウトされ、半導体の技術を移転した為である。


今では次々と新技術、
新商品を開発し世界最高のIT技術を持つと言われている。


また世界のTV市場も席巻し、販売台数、売上高ともに世界シェアトップになっている。

2006年には世界のTV市場から108億ドルの売上高を記録し、テレビ業界初となる売上高100億ドルを突破した。


韓国内でのライバル企業は主にLG電子。


会長李健熙(イ・ゴンヒ、이건희)。副会長尹鍾龍、(ユン・ジョンヨン)。本社所在地、ソウル特別市中区太平路2街250


posted by 韓国 at 08:31 | ソウル 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | サムスン電子 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
韓国株投資を楽しむためのノウハウ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。