2007年08月27日

未来韓国のリーダーになるように

未来韓国のリーダーになるように
ポスコ新星奨学生ワークショップ
チョン・ウンチャン前ソウル大学学長の特別講演

ポスコ青岩財団(理事長:イ・グテク会長)は、9,10日人材開発院で「2007ポスコ新星奨学生ワークショップ」を開催した。


特に10日は、チョン・ウンチャン前ソウル大学学長が
「韓国経済の挑戦と課題」をテーマに特別講演を行い、話題となった。


ポスコ新星奨学事業は、人材育成のためポスコ青岩財団が2006年から実施している奨学事業で、製鉄所が位置している浦項と光陽の35高校の1年生を選抜して体系的な支援を行う。


ポスコ青岩財団は、夏休みを迎えて奨学生間の絆を強化し自負心を高め、ポスコに関する理解を深めるためにワークショップを開いた。


今回の行事には、ポスコ新星奨学生70人余りが参加し、浦項製鉄所の見学・和合の時間・瞑想の時間・「自分の夢と将来」発表などのプログラムが行われた。


特に第2日目の10日に開かれたチョン・ウンチャン前ソウル大学学長の特別講演には、生徒以外にも校長、親など約30人が出席し、高い関心を示した。


チョン氏は、講演で、「韓国経済の懸案は投資不振と二極化であり、企業が投資先を見つけていないのは、韓国に高級人材や高級技術が足りないためだ」と説明した後「何よりも人材育成教育が必要だ」と強調した。


また、「人材とは、急変する社会にうまく対処できる能力を持つ人だ」とし、体力・危機克服能力・創造性・環境への適応力・知育を強調した。


最後にチョン氏は、「勉強に励み、未来の韓国を先導するリーダーになってほしい」と述べた。


posted by 韓国 at 22:45 | ソウル ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ポスコ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
韓国株投資を楽しむためのノウハウ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。